中華街で食べるびっくりブラジリアンランチ

横浜中華街のイメージと言ったら、何が頭に浮かびますか?

人の波を掻き分けるように進むメインストリートに、少し強引な片言の客引きの甘栗売り。
手相やらなにやらの占いに、なんと言ってもずらりと並んだ見渡す限りの中華料理屋。

大体の人がこういった光景を思い浮かべるでしょう。
そして大体の人がお昼時に大混雑のメインストリートを歩けば、
小籠包や肉まんの食べ歩きにするか、
ゆっくりどこかの店に入って中華料理を食べるかを悩むに違いありません。

そこに実は、第三の選択肢があることを知っていますか?

駅からメインストリートを5分ほど歩くと、
左手にブラジルの国旗が飾られているのが目に入ります。
それが、ブラジル料理シュラスコの店「トラヴェソグリル」の目印です。

え、中華街でブラジル料理?

なぜここにこんな店がと思うかもしれませんが、
もう何年も前からこの場所で営業しています。
せっかく中華街に来たなら、中華料理を食べたいと思う気持ちもあると思いますが、
中華街は都心からほど近く実はもう何度も足を運んだことがある
という人も意外と多いのではないでしょうか。
そういう人は次はぜひこんなお店で冒険してみませんか?

ブラジル料理シュラスコ、要はブラジル式のバーベキューのお店です。
食事はビュッフェ形式で、テーブルにサラダやフルーツ、豆料理が並びます。
そして、メインの肉料理を店員さんが大皿に乗せて、各テーブルを回るのです。
テーブルに置いた札を伏せるまで、店員さんが何種類もの肉料理を何度も運んできて勧めてくれます。
食べたいと言えば、そのまま目の前で店員さんが切り分けてくれるのです。
時間も2時間とたっぷり。心ゆくまで肉を楽しめます。

そして店内はとても広く、綺麗です。
半分ほど貸し切りにして結婚祝いのようなパーティーをしているときもありました。
曜日によっては、ブラジルらしいサンバのショーもあるようです。

もし今度お昼時に中華街を歩くことがありましたら、ぜひ一度お試しあれ。

中華街を満喫した後は、家に帰ってゆっくりお風呂。
家のお風呂が豪華だと疲れも癒やされますよね。
高級ユニットバスのショールーム
外国製の高級ユニットバスは、正規代理店を通じて買うのがおすすめです。